Anderson0128の日記

Anderson0128の日記ではAndersonが日夜体験した事を記します

一人暮らし3人物語



f:id:Anderson0128:20180322233625j:image



f:id:Anderson0128:20180322224143j:image「一人暮らしってさ……良いよね」
f:id:Anderson0128:20180322224157j:image
「一人暮らしか。一人暮らしについてあんまり考えたことないな」
f:id:Anderson0128:20180322224126j:image
「一人暮らしか。ラジオの定番話題じゃない?」
f:id:Anderson0128:20180322224157j:image
「確かにプライドをかなぐり捨てて読まれるに100の力を置いたリスナーは「お二人は一人暮らしの思い出はなにかありますか?」っていうお便りを送るなぁ」
f:id:Anderson0128:20180322224143j:image
「一人暮らしにずっと憧れています。憧れすぎて自分の部屋の入り口にインターホンを設置しました」
f:id:Anderson0128:20180322224157j:image「怖すぎ」
f:id:Anderson0128:20180322224126j:image
「押したらちゃんと鳴るの?」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「鳴るよ。吉川晃司のモニカが」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「なんで?」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「一人暮らししたーい!」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「すればいいじゃん」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「そんな簡単に出来るものじゃないだろがい」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「じゃあ家族全員追い出せば?」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
サイコパス診断の答えみたいな」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「そもそもなんでそんなに一人暮らしに憧れるのよ。家事とか家賃とか自炊とか色々大変そうじゃない?」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「一人暮らしってさ。制約が自分次第で自由自在なんだよ?ウチもともと家の中でルールが多くてそういうの憧れちゃうんだよ」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「そういう事か」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「例えばどんな?」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
マキロンは4滴までとか」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「一番最初にそんなん出る?」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「でもやっぱ大変なことの方が多いと思うよ」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「悪い話の方が沢山耳に入るしね」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「俺なんかほん怖みて一生一人暮らししない事を誓ったもん」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「お前絶対入院できないだろ」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「じゃあ玲子が一人暮らししたくなくなる怪談を今話してあげよう」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「一人暮らしさせたくないの?」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「あれは私が上京してきて間もない頃です。いつものように仕事の帰り道にスーパーで買った夜ご飯をマツコの知らない世界を見ながら食べようとしたのです。」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「いつも?毎週火曜でなく?」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「私がライムにかじりついた時、ある異変に気づいたのです」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「夜ご飯にライムを単品で食うな」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「窓にジャイアント白田サイズの手形があったのです」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「デカい霊じゃん」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「その日は「ジャイアント白田が窓を触ったんだろうなぁ」程度にしか思わず、寝ました」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「憶測が下手」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「しかしその次の日、甘夏を食べた時に「あれ?」手形が1つ増えているのです」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「夜ご飯に柑橘系をいくな」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「その手形、昨日より小さいのです。丁度天海祐希ぐらいの」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
天海祐希の手のサイズを想像しろと?」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「その次の日もその次の日もどんどんどんどん手形は増えていきます。そこで私は手形が増えてる瞬間をカメラに収めようと、スマホを設置しました。私が仕事に行ってる間いつ誰が手形をつけているのか突き止めようとしたのです」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「良い展開」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「仕事を終え、デコポンを食べながら録画していた動画を見ました。1時間、2時間、特に変化は起きません。3時間、4時間、時間はどんどん経過していきます。そうすると6時間程経った頃、ドアが開く音が聞こえました」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「手形内側から付けられてたの?」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「足音がスマホに近づき押し入れの引き戸がガラガラっと空き、そさくさと中に入り、再びガラガラっと閉める音が聞こえました。2時間後、玄関のドアが開く音がしました。これは……デコポンを剥いてる。つまり私?じゃあまさか押し入れの中には?」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「きゃあああああ!  」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「普通に怖いな」

 

 
f:id:Anderson0128:20180322234226j:imageパンッ


f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「そういえば手形の件ほったらかしてんな!」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「ダぁメだよおめぇ勝手に話変えちゃ。しかも有名なコピペだし」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「カミナるな」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「どう?一人暮らしまだしたい?」
f:id:Anderson0128:20180322231909j:image
「全然したい」
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「でしょうね。まぁ一人暮らしなんて珍しいもんでもないし体験しといて別に損は無いんじゃない?」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
そだねー
f:id:Anderson0128:20180322231918j:image
「殺すぞ」
f:id:Anderson0128:20180322231929j:image
「まぁ我々から言えることは」

せいぜい頑張ってくれや