寿司は嫌いだが寿司屋は好き

こんにちは!

パンツを盗まれる夢を見たのですがそれ以上の情報を何も覚えてないAndersonです。どこで、誰に、いつ、なんで、全て覚えていないのですがパンツを盗まれるという事だけ覚えています。

 突然ですが皆さん。

自分の身の回りにお寿司が嫌いな人はいますか?

はい。なかなかに珍しいケースなのでいない人が多いのではないでしょうか。

寿司と言えば日本のトラディションでありお寿司大好きピーポーで溢れかえってる日本が現存している訳です。

お寿司嫌いな人は汚れです。

日本に居るな!国籍を変えろ!日本の恥だ!

 

どうも日本の恥です。

はい。今あなたが読んでいるブログの主は寿司が嫌いです。

今回の着目点は寿司の美味しさではありません。それに関してはまた別に記事を更新します。

今回寿司嫌いの僕の意見はこちらです。

寿司は嫌いだが寿司屋は好き

です。

これを周りに言うと頭上に「?」という文字が浮き出てきます。

そこでお寿司好きの純日本人には疑問が生まれます。

「じゃあ寿司屋にいって何をするの?」

この答えには寿司嫌いな人十人十色の答えが返ってきますが僕は、

かっぱ巻きを食べに行きます。

かっぱ巻きこそ至高。あんな美味しいものは寿司ならでは。

あとはサイドメニューとデザートを堪能しますね。

ポテトは必ず頼みますしうどんとかも食べます。

これまでの内容を見ると僕が完全におかしいのですが寿司好きの人の方がおかしいということを証明したいと思います。

その為に明日超有名Teacherの安田先生をお呼びします。

ではまた明日